2013年11月22日

ブログリニューアルのお知らせ

本日より小豆島観光協会ブログをリニューアルしました。

今後はこちらから小豆島の"旬"の情報をお届けします。


STAFFBLOG.jpg


http://shodoshima-tourism.seesaa.net/






posted by 豆子 at 15:15| まめ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

【島外イベント告知】 アイランダー2013

今週末、東京池袋にて、全国の島々が集まる祭典“アイランダー2013”が開催されます。

アイランダー2013チラシ.jpg

年に一度開かれるアイランダーは、島の魅力を体験する情報や、島での求人情報などを幅広くPRします。

●アイランダー2013●
【日時】 2013年11月23(土) 10:00〜17:00
        11月24日(日) 10:00〜16:00
【場所】 東京 池袋サンシャインシティ文化会館3階 展示ホールC
【参加料】 無料


blog_map.jpg

70を越える各ブースでは、住宅、求人、留学、行政からの支援などについて、
行政職員、UIターン経験者などの島活相談員が、皆さまの疑問や相談にお応えします。

瀬戸内海からは、小豆島はもちろん、瀬戸内国際芸術祭の舞台となった、豊島、直島、伊吹島なども出展します。

近年、瀬戸内海の島をはじめ、日本各地の島々がとても注目されています。

日本自体も島国ですが、その中でも離島は、昔の日本らしさが残っているといえます。

島の美しい自然や独自の歴史・文化に惹かれませんか? 島での漁業や農業に関心がありませんか?

毎年来場者が1万人を超えるこのイベント。皆さまのお越しをお待ちしております!!





posted by 豆子 at 17:00| まめ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

小豆島 醤の郷+坂手港 秋まつり

瀬戸芸最終日の11月4日、坂手港にある瀬戸内国際芸術祭2013作品
『THE STAR ANGER』前で、クロージングイベントが開かれました。


close1.jpg


軒並みに瀬戸内国際芸術祭参加クリエイターとまちの人々によるおいしそうな屋台が並んでいました。


close5.jpg


Creator In Residence「ei」03滞在作家、飯田翔平さんと地元のシェフコラボの銚子漁港のさんま。
アグロドルチェソースとお米のリゾットを添えて。


close8.jpg


小豆島名物もろみやきそば。

他にも、アーティスト×地元の方の絶品料理がたくさん並んでいました。


・クマグスク+岡村美樹さん+消防坂手分団
・後藤しおりさん+まちの人々
・graf +eicafe+みつわ会
・コミュニティアート+ひしお会+小豆島町商工会青年部
・しゃかしゃかうどん
・ドットアーキテクツ+地元酒造
・ポン真鍋さんのポン菓子
・山と玉


醤の郷+坂手港プロジェクトにたずさわったアーティストのみなさんによるごあいさつ。


close3.jpg


『オリーブのリーゼント』作家 清水久和さん
『オリーブのリーゼント』は芸術祭後も残ることが決まりました。


close4.jpg


『小豆島カタチラボ』を手がけたgraf代表服部滋樹さん
この日はなんと大阪にある店舗、事務所を閉めて27名のスタッフ全員が来られていたようです。


close2.jpg


『クマグスク』現代美術家 矢津吉隆さんと井上大輔さん
観音寺の宿坊を利用された方はたくさんおられたようです。


劇団ままごとのみなさんによる"そうめん体操"


close6.jpg


ライブもお披露目してくれました。
会期中たくさんの感動を与えてくれた劇団ままごと。


close9.jpg


紙芝居までやってくれました!
どこまでも芸達者!うれしそうにこどもたちもたくさん集まってきていました。


close7.jpg


春夏秋会期を振り返る トーク&スライドショー


close12.jpg


ぬくもりのある写真とともに、会期中の想い出が蘇り、
笑い声も絶えませんでした。


馬木住民有志による"瀬戸芸勝手に参加作品" 自主制作映画
喜劇忘郷編『思いやり』上映。


close11.jpg


なんと第2弾も制作中のようで予告編も放映されました。
京都造形芸術大学の映画監督志望の学生さんの撮影のもと
さらに本格的な仕上がりになりそうです。
完成を乞うご期待!


参加クリエイターと醤の郷+坂手住民のビデオレターも放映されました。


最後は醤の郷+坂手港プロジェクトの総合ディレクター椿昇さんのあいさつで締めとなりました。
すっかりお酒がまわり、みんなでジョンレノンの『イマジン』を合唱する場面もあり大盛り上がりでした。


イベントの閉幕を宣言したのちも合唱をとめることなく、名残おしそうな祭りのあとでしたが
ここで終わったわけではありません。


同日、昼に行われた「ありがとう瀬戸芸シンポジウム」で
来年2014年度夏にアートイベントを開くことが発表されました。


2013年に築いた"関係"が2014年にはどんな風につながっていくのでしょうか。


お楽しみに!




ぼーの








posted by 豆子 at 16:40| ARTナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

豪華客船『ぱしふぃっくびいなす』〜秋の別府・小豆島クルーズ〜

初秋の11月4日、日本クルーズ客船の『ぱしふぃっくびいなす』が、小豆島坂手港に寄港しました。

ぱしふぃっく10.jpg

前日は雨模様の空も、当日は「洋上の楽園」と呼ばれる豪華客船の、
4年ぶり12回目の小豆島寄港を歓迎するかのように、好天に恵まれました。

『ぱしふぃっくびいなす』のコンセプトは“ふれんどしっぷ”。
人とのふれあいと心地よい温かな雰囲気を大切にしています。

船内を見学してとても嬉しかったのが、船内映画館で『二十四の瞳』が上映されていたことでした。

ぱしふぃっく6.jpg

小豆島寄港にあわせ、この島の誇る作品を上映いただいた心遣いに感謝します。

ぱしふぃっく7.jpg

さて、当日は約325名の乗客の方々が初秋の小豆島に上陸しました。

ぱしふぃっく11.jpg

到着する岸壁では、地元の草壁保育園鼓笛隊による歓迎演奏と、
瀬戸内国際芸術祭2013坂手・醤の郷のアーティストによる素麺体操でお迎えしました。

ぱしふぃっく14.jpg

その後、乗客の方々はバス、タクシーなどを利用して小豆島観光や買い物を楽しみました。

ぱしふぃっく12.jpg

また、『ぱしふぃっくびいなす』船内では午前8時20分から関係者による歓迎セレモニーが開催されました。

ぱしふぃっく1.jpg

由良和久船長、阿部修機関長、阿部誠一郎ホテルマネージャーらに塩田幸雄小豆島町長ほかから花束、
オリーブ茶、すももワイン、オリーブのリースなど小豆島の特産品が贈呈されました。

ぱしふぃっく2.jpg

ぱしふぃっく3.jpg

セレモニーでの由良和久船長からの「来年もこの小豆島に寄港します。」とのお言葉が特に印象的で、
“ふれんどしっぷ”= Friendship=友情、友愛が、今後は更に強い“関係”になると確信しました。

ぱしふぃっく9.jpg

憧れの「洋上の楽園」、またの寄港をお待ちしています!




posted by 豆子 at 09:00| まめ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

寒霞渓2013年紅葉情報B

寒霞渓の紅葉ですが、今週がいよいよ本格的な見頃になりそうです。

kannkakei7.jpg


11月16日(日)の様子をレポートします。

ロープウェイから見る紅葉も絶景ですが、歩いてゆっくりと眺めるのもなかなかのものですよ。

寒霞渓には表12景、裏8景といい、岩の形から動物などの名前をつけた岩を
見つけることでスタンプラリーのような気分で楽しむこともできますが、
登りは表から歩いて行くことにしました。


kannkakei2.jpg

こちらは第8景の層雲壇(そううんだん)です。
雲が段々と重なり合うようで、祭壇を連想させることから名前をつけられました。
(ロープウェイは、層雲壇の向こう側をスレスレに通過します。)


まだ緑色の葉、黄色い葉、すっかり赤くなった葉のコントラストがとてもきれいでした。


kannkakei3.jpg

kannkakei6.jpg


山頂に着くまでにかかった時間は約1時間。
午後3時過ぎの山頂は、すでにたくさんの人でにぎわっていました。


kannkakei4.jpg


上からの景色を眺め、少し休んだあとは裏から降りて行くことにしました。

裏の遊歩道の絶景のひとつはこの"石洞門"です。


kannkakei1.jpg


岩盤の真ん中がくり抜かれてトンネル状になっています。
そのことから“石門(せきもん)”と呼ばれているようです。

そしてそのすぐそばにあるのは小豆島霊場第十八番"石門洞"。
山岳霊場のひとつですが、ものすごい存在感を放って建ちそびえています。


kannkakei5.jpg


ここは1300万年前から始まった火山活動によりできた険しい岩壁にある洞窟を利用して建てられ、
弘法大師がこの洞窟に篭って護摩修行をされた場所です。


"石門洞"へは29号線から猪の谷池を右に入る道から車で向かうこともできます。


kannkakei8.jpg


壮大な自然の中、岸壁に埋め込まれたようななんとも神秘的な場所です。
ぜひ、こちらもお立ち寄りされることをおすすめします。



ぼーの





●2013年の寒霞渓の紅葉についての記事●

2013年11月14日 寒霞渓 2013年紅葉情報A
2013年11月7日 寒霞渓もみじ茶会 
2013年10月30日 寒霞渓 2013年紅葉情報@









posted by 豆子 at 18:27| 山ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。