2012年11月11日

『石の絵手紙ロード』制作中!!

土庄町では、行政と町の協働事業として、石の絵手紙ロードを制作しています。

石の絵手紙@.jpg

来春3月から始まる瀬戸内国際芸術祭2013に向けての取り組みで、
土庄町大部から馬越(うまごえ)にかけてのドライブラインの待避所に、20個の石の絵手紙を設置します。

予定では15個だったのですが、応募いただいた絵手紙が素晴らしく、絞りきれずに20個に変更となりました。


おそらく、皆さん疑問に思われたことと思いますが…。

「どのようにして石に絵手紙を書くのでしょうか?雨などで消えてしまわないのでしょうか?」

制作現場を見せていただきましたので、ここでご紹介します♪


@絵手紙が描かれた和紙を、石に配置します。
石の絵手紙D.jpg
使用している画材やコーティングの材料は、文具メーカーの「サクラクレパス」に
試行錯誤のうえ作っていただいた、日光・風雨に強く長期保存に対応できるものです。


A特殊なノリで貼り付けます。
石の絵手紙F.jpg


B最後にトップコートを塗り、完成です。
石の絵手紙E.jpg


「小豆島への手紙」をテーマに募集した作品で、北海道から九州までの方から贈っていただきました。

絵手紙を読み終えると、小豆島に対する想いが伝わってきて、ほのぼのとした気持ちになります。

石の絵手紙A.jpg

「綺麗な海と空と石アートのコラボレーションを楽しんでいただきたいんです。」

与えられて行動するのではなくて、町の人が自ら参加して、みんなで町を作っていく。

こういった取り組みが、どんどん増えていってほしと思いました。






posted by 豆子 at 11:00| ARTナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。