2013年08月31日

3万4千人のキャンドルナイトin小豆島

8月24日(土)の夜、土庄港の作品『太陽の贈り物』の前の広場で、キャンドルナイトが行われました。

candle7.jpg

この日は朝から雨が降っていて、キャンドルナイトが開催されるか心配だったのですが、
始まるころにはすっかり雨もやみ、澄んだ空気の中での開催となりました。

candle5.jpg

優しい灯りのキャンドルが、約1300個も並びました。

このキャンドルは、小豆島霊場八十八ヶ所のお寺で使用済みになった廃棄ロウソクを活用したものです。
キャンドルの作り手は、島の方々。各自治会や老人会の約15団体の方が一緒になって作成されています。

candle2.jpg

本部では、参加者がキャンドルに絵や想いを書いていました。

candle6.jpg

小豆島の子どもたちの想いを、キャンドルの灯りがゆらゆらと照らします。

candle8.jpg

“キャンドルナイトin小豆島”は、2008年から始まり、今年で6年目を迎えます。

土庄町商工会青年部の方をはじめ、島のいろんな団体の方が宣伝し、準備をし、参加されています。

今年は700〜1000人の方々が参加され、そのうち島外の方は200〜300人ほどおられたそうです。

それも、青年部の方が、開催場所付近のホテルや観光施設に周り、周知をした努力の結果でもあります。

candle4.jpg
≪小豆島を形どったキャンドル≫

土庄港観光センターの中では、ライブが開かれていました。

candle9.jpg

この方々も、地元の方で、「自分たちも何か協力できないか。」と、
知り合いのジャズバンドや演奏家などに声をかけて参加してくださったそうです。

candle3.jpg

訪れた方々は、キャンドルの灯りを見つめながら、ゆっくりと会話されていたように感じました。

いつもとは違うゆったりとした時間の流れる夜を過ごさせていただき、ありがとうございました。


秋には、坂手港周辺でキャンドルナイトが開催されますので、そちらもぜひ、お越しください。

【秋のキャンドルナイト】 10月19日(土) 17:00〜19:30 坂手港にて

【キャンドルナイトFacebookページ】 3万4000人のャンドルナイト in 小豆島











posted by 豆子 at 15:00| 行事ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。