2013年10月10日

小豆島石の魅力創造シンポジウム2日目

2日目は9:00に集合してジオサイト探訪のつづき。
天狗岩丁場から見てまわりました。
天狗岩丁場は大坂城の石垣に使われる石が切り出された有名な場所です。


isi1.jpg
《中村博司さん(前大阪城天守閣館長)》


二代将軍徳川秀忠が1619年、豊臣大坂城をしのぐ新しい大坂城の築城を命じ、
効率よく整形された石材を準備できる瀬戸内海の島々の花崗岩が選ばれました。


なんといっても天狗岩丁場跡のシンボルは、山中にそそり立つ、高さ17.3m、重さ1,700トンの大岩、
大天狗岩です。


isi2.jpg


さらに登っていくとまだまだ、残石が出てきます。


isi3.jpg
《横山俊治(日本応用地質学会中国四国支部支部長)》


石には、藩主などの刻印が記されています。


isi4.JPG


天狗岩丁場の残石にのこる黒田家と同じ刻印を、現在の大坂城で探してみるのも面白いかもしれません。


その後は天狗岩磯丁場へ。


isi5.jpg
《津村宏臣さん(同志社大学文化遺産情報科学研究センター長 文学博士)》


2012年から同志社大学文化遺産情報科学研究センターと小豆島町は、国指定史跡『天狗岩丁場』を
中心とした、小豆島町および東瀬戸内海沿岸部の石切丁場および石材加工の技術史や
海運運搬技術などに関する総合共同研究を開始しています。


isi14.jpg


天狗岩磯丁場の波に打ち寄せられながら存在する残石のようすもなかなか神秘的です。

つづいて、花崗岩の割れ方の研究をされている藤田先生が説明してくれました。


isi6.jpg
《藤田勝代さん(深田地質研究所主査研究員 理学博士)》


天狗岩磯丁場の岸壁の石の表面をよく観察すると、何枚かの薄い殻のような構造が残っています。
このような多殻球状の構造は玉ねぎ状構造と呼ばれています。この玉ねぎ状構造を
つくる薄い殻のようなものは、花崗岩の節理系の一種で藤田先生が名付けられた
「ラミネーションシーティング」と呼ばれています。


isi7.JPG


いよいよ、シンポジウムの開かれる福武ハウスへと向かいます。


到着後まずは、石切の実演を披露してくれました。
まずは電動ドリルで穴を開けていきます。


isi9.jpg


実演してくれたのは笠井さん。
石目を読んで石を切る技術を持っている方は小豆島でも貴重だそうです。


石切りにはこんな道具を使います。


isi8.jpg


穴を開けたところに、くぎのようなものを刺していきます。


isi10.jpg


それを金槌でコンコンとつついていきます。


isi11.jpg


すると、メキメキっと簡単に割れてしまいました。


isi12.jpg


ここで一旦休憩。
お昼は福田アジア食堂特製のお弁当でした。


isi13.jpg


チュユクサムパプという豚肉炒めと包みご飯(韓国)、はもと季節野菜のてんぷら(福田)、
アオリイカの梅肉和え(福田)、白ごはんとみょうがの浅漬け


福田アジア食堂は福武ハウスのオープンとともにはじまりました。
福田の食材を活かした各国の料理や福田の郷土料理を楽しむことができます。


お昼休みは、葺田パヴィリオンや福武ハウス内の展示を鑑賞したり
みなさん思い思いに過ごされていました。


isi15.jpg


さていよいよ1:00からは「小豆島 石の魅力創造シンポジウム」の開始!


isi16.jpg


今回ジオサイト探訪で案内してくれた教授たちの研究発表やパネル討論がありました。


小豆島町では今年から世界遺産化対策室を新たに設置し、同志社大学などの協力を得て
小豆島など石文化がある東瀬戸内文化圏の「世界遺産化」を目指しています。


シンポジウムはその取り組みの一環で、研究者や住民、約350人が出席されました。


東瀬戸内文化圏の「世界遺産化」を実現するためには、後世に伝えるためにも、
研究者だけでなく地元の人たちが石に興味を持ち、語れるようになることが大切だとおっしゃっていました。




ぼーの








posted by 豆子 at 11:01| 島石ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。