2013年11月20日

小豆島 醤の郷+坂手港 秋まつり

瀬戸芸最終日の11月4日、坂手港にある瀬戸内国際芸術祭2013作品
『THE STAR ANGER』前で、クロージングイベントが開かれました。


close1.jpg


軒並みに瀬戸内国際芸術祭参加クリエイターとまちの人々によるおいしそうな屋台が並んでいました。


close5.jpg


Creator In Residence「ei」03滞在作家、飯田翔平さんと地元のシェフコラボの銚子漁港のさんま。
アグロドルチェソースとお米のリゾットを添えて。


close8.jpg


小豆島名物もろみやきそば。

他にも、アーティスト×地元の方の絶品料理がたくさん並んでいました。


・クマグスク+岡村美樹さん+消防坂手分団
・後藤しおりさん+まちの人々
・graf +eicafe+みつわ会
・コミュニティアート+ひしお会+小豆島町商工会青年部
・しゃかしゃかうどん
・ドットアーキテクツ+地元酒造
・ポン真鍋さんのポン菓子
・山と玉


醤の郷+坂手港プロジェクトにたずさわったアーティストのみなさんによるごあいさつ。


close3.jpg


『オリーブのリーゼント』作家 清水久和さん
『オリーブのリーゼント』は芸術祭後も残ることが決まりました。


close4.jpg


『小豆島カタチラボ』を手がけたgraf代表服部滋樹さん
この日はなんと大阪にある店舗、事務所を閉めて27名のスタッフ全員が来られていたようです。


close2.jpg


『クマグスク』現代美術家 矢津吉隆さんと井上大輔さん
観音寺の宿坊を利用された方はたくさんおられたようです。


劇団ままごとのみなさんによる"そうめん体操"


close6.jpg


ライブもお披露目してくれました。
会期中たくさんの感動を与えてくれた劇団ままごと。


close9.jpg


紙芝居までやってくれました!
どこまでも芸達者!うれしそうにこどもたちもたくさん集まってきていました。


close7.jpg


春夏秋会期を振り返る トーク&スライドショー


close12.jpg


ぬくもりのある写真とともに、会期中の想い出が蘇り、
笑い声も絶えませんでした。


馬木住民有志による"瀬戸芸勝手に参加作品" 自主制作映画
喜劇忘郷編『思いやり』上映。


close11.jpg


なんと第2弾も制作中のようで予告編も放映されました。
京都造形芸術大学の映画監督志望の学生さんの撮影のもと
さらに本格的な仕上がりになりそうです。
完成を乞うご期待!


参加クリエイターと醤の郷+坂手住民のビデオレターも放映されました。


最後は醤の郷+坂手港プロジェクトの総合ディレクター椿昇さんのあいさつで締めとなりました。
すっかりお酒がまわり、みんなでジョンレノンの『イマジン』を合唱する場面もあり大盛り上がりでした。


イベントの閉幕を宣言したのちも合唱をとめることなく、名残おしそうな祭りのあとでしたが
ここで終わったわけではありません。


同日、昼に行われた「ありがとう瀬戸芸シンポジウム」で
来年2014年度夏にアートイベントを開くことが発表されました。


2013年に築いた"関係"が2014年にはどんな風につながっていくのでしょうか。


お楽しみに!




ぼーの








posted by 豆子 at 16:40| ARTナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。