2013年11月16日

夕日音楽の集い

11月3日、三都半島、神浦にあるジェームズ・ジャックさんの作品
『夕焼けハウス:存在の言葉としての家』で『夕日音楽の集い』が開かれました。


yuuhi7.jpg
《ジェームズ・ジャックさん》

ジェームズ ジャックさんはニューヨーク市生まれで
2010年に現代芸術の研究生として東京芸術大学に在籍されていました。
そして2012年から三都半島芸術家村の第6回招聘作家として神浦に滞在されていました。


最初に神浦に来てこの夕焼けハウスの展示場所を見た時に一番印象に残ったのは赤い土壁で
そこに歴史やストーリーが必ずあると思ったそうです。


『壁に理想的な感情を書いて埋め込んだので石の裏にはむずかしい気持ちを書いてもらい、それを庭に埋め、
 庭の栄養になるようにしました。みんなの想いが込められることで壁が強くなり雨漏りを防ぐひとつの
 力になると思うんです。むずかしい気持ちも入れないと夕焼けハウスの意味がなくなる、
 浅くなる気がしたんです。』

夕焼けハウスには、ジェームズ・ジャックさんの人情あふれる人柄と、
地元の人と築いてきた絆が見られますが、音楽会も、ジャックさんの人望で
地元のおじいちゃん、おばあちゃんも集まってきていました。


yuuhi1.jpg


yuuhi2.jpg

演奏をしてくれたメンバーは、ブルース・ヒューバナー さん(尺八)、能見 誠さん(コントラバス)、
田辺明さん(三味線)、古澤龍(アンビエント)の4人。


まずは、即興でその場からイメージしたコントラバスによる演奏や、
電子音などを使った環境音楽が演奏されました。
全員が理解するのは難しい抽象的な音楽でしたが、一部のコアな音楽好きの方が聞くような音楽を
神浦で、そして地元のおじいちゃん、おばあちゃんが聞いているのはなかなかない光景で
不思議な感じがしました。
電子音が夕焼けハウスの中に響き渡って幻想的でした。


環境音楽だけでなく瀬戸内海を表した「春の海」の演奏や
神浦伝統の「神浦小唄(こうのうらこうた)」も演奏され、
おじいちゃん、おばあちゃんが演奏に合わせてうれしそうに大合唱がはじまりました。


音楽会はジャズの構成のように第1部、第2部でわかれ、
幕間ではおいしいクッキーやお茶のおもてなしを受けながら、
あれこれみんなおしゃべりに花が咲いていました。


yuuhi5.jpg


第2部ではジャックさんによる、夕焼けハウスの壁や庭の石に埋め込まれた希望や願いや悩みの
ことばを朗読される場面もありました。


夕焼けハウスを制作するうえで、何度もお茶会や音楽会、井戸端会議などが
自然と開かれたそうです。そこでジャックさんは悟られました。
実は言葉それ自体がこの存在の家を創造し保っているのだと。


言葉には、文化、田舎と都会、年齢といったさまざまな断絶を横断し、
その結果共同の空間が生まれるのです。


そしてこの共同空間の中で、コミュニケーションそのものが、
建物をひとつの芸術の家へと再生してくれるのです。
(イベントフライヤー文章より抜粋)


夕焼けハウスに言葉や音楽やだれかのきもちがたくさんしみこんだ1日だったのではないでしょうか。



ぼーの




posted by 豆子 at 19:37| ARTナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

第23回 さぬきセンチュリーライド小豆島大会

今年も、小豆島で、さぬきセンチュリーライドが行われました。(昨年の様子はこちら

ride2.jpg

小豆島の各地でイベントが行われていた11月3日(日)、小豆島ふるさと村にて開会式が行われました。

ride3.jpg

毎年参加される方もとても多く、今年も約430人の参加者がおられました。

ride4.jpg

高松にお住まいの親子による宣誓がおこなわれ、次々とスタートが切られました。

ride5.jpg

今年は、100kmコース、70kmコースに加え、ファミリー観光コースとして、
瀬戸内国際芸術祭2013の作品鑑賞付きのコースも用意されていました。

ride9.jpg

このサイクリング協会の合言葉は、“出逢った人、みんな友達!”だそうで、
その合言葉通り、カメラを向けると皆さん笑顔で応えてくれたのが嬉しかったです。

ride11.jpg

ride12.jpg

ride13.jpg

小豆島は、スポーツの島です。

この日は午後からあいにくの雨という天気になってしまいましたが、こういったサイクリング大会や
マラソン大会に参加された方は、この風光明媚な小豆島に感動されます。

ride14.jpg

皆さんゴールの瞬間は爽やかな笑顔でした。本当に、お疲れ様でした。

1日に400人以上の方が一斉に島を駆け巡るこの大会ですが、こうして毎年続けられているのは、
参加者の方のマナーを守る心と、何より島の方の理解と協力があってこそで、事故なく終えられているからです。

来年も再来年も、たくさんの方が小豆島に来られ、この島を爽やかに駆け巡られることを願っております。









posted by 豆子 at 17:00| スポーツナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

寒霞渓 2013年紅葉情報A

深秋をむかえる寒霞渓にいってきました。


kannkake2.jpg


11月中旬の今は山頂から中腹まで紅葉が見頃の時期をむかえていました。


kannkake3.jpg


小豆島の今朝の気温は5度、日中は17度の予想ですが、朝と日中の温度差が葉を紅色、
黄色へと味わい深く染めていくようです。寒霞渓は紅葉だけでなく烏帽子岩(えぼしいわ)、
鹿岩(しかいわ)、錦屏風(きんびょうぶ)など多くの奇岩、怪岩をみることができます。


kannkake1.jpg


そのひとつひとつが、まさに自然のアート。長い年月によって創りだした岩肌と
紅葉のハーモニーはとても雄大で神秘的でした。
また、寒霞渓にはヤハタマイマイ、ホンシュウジカ、ショウドシマレンギョウなどの
希少価値のある動植物も生息しています。
「自然との調和」、今度は登山道の表12景、裏8景を歩いてみようと思いました。


●2013年の寒霞渓の紅葉についての記事●

2013年11月7日 寒霞渓もみじ茶会 
2013年10月30日 寒霞渓 2013年紅葉情報@








posted by 豆子 at 13:24| まめ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。